アメリカ心理学会が推奨する5つのストレス対策

あなたは日常において、何らかのストレス対策をしていますか?
ストレス対策の研究と普及で世界の最先端を走っているアメリカ。
そのアメリカ心理学会が一般の方に向けて推奨している5つのストレス対策を見てみましょう。

① ストレスの原因を避ける
② 笑い
③ 友人や家族のサポートを得る
④ 運動
⑤ 瞑想

1番目の「ストレスの原因を避ける」は、簡単なようで難しいです。
しかし。ストレスに立ち向かうためには大切なポイントです。
原因を見つけ、それを遠ざけることができれば、ストレスは軽減されるはずです。
とはいえ、自分の努力だけでは、解決しないこともあるのが問題です。

2番目の「笑い」は、自らが笑顔でいることに加え、周囲を和やかにすることによって、ストレスがかかる状況を改善する効果があります。

3番目の「友人や家族のサポートを得る」は、信頼できる友人や家族に、自分がストレスを浴びている状況を伝え、それを共有してもらうことを意味します。
それだけでストレスの緩和につながります。

4番目は「運動」です。
運動すれば、気分がスッキリしてストレス解消になるだけでなく、最新の研究では、運動がストレス反応の暴走を確実に抑えることがわかってきました。

5番目は「瞑想」です。
今流行のマインドフルネスです。瞑想の代表としてアメリカ心理学会が推奨しています。
簡単に言うと心の迷走を回避する。
普段生活時間の半分近くを占めている、過去や未来についてのあれこれに考えを巡らしている状態を回避した状態を維持するのが、マインドフルな状態を目指すということです。
ストレス低減に効果があります。

 

ランキングに参加しております。もしよろしければクリックよろしくお願いしいます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

うつ、ADHDですが色々工夫してなんとかやっています!
旧帝卒理系卒。院中退。生物系です。
最近は栄養学や心理学、精神医学に興味があり勉強しています。
妹が管理栄養士なのでいろいろ相談に乗ってもらっています!

iHerbのプロモコード: BLH9893
iHerbで新規もリピーターも追加で5%割引きになるのでよかったら使ってください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる